オリジナルのシャンプーを製造する業者の探し方

オリジナルなシャンプーの製造方法としては、商品価値を見出し。お客さんに安心して使っていただける商品の開発です。現在美容室で販売されているシャンプーは、メーカー製造製品のラベルの付け替えです。オリジナルシャンプーと名乗る以上は、品質でお客様に喜んでいただける本物の商品を独自で販売する必要があります。問屋のマージンがないように販売できる商品であれば、そのマージン分を商品のグレードアップに使えるはずです。独自性にこだわる限り、他の商品とは差別化できる品質が必要です。本当に安売りではなく、お客様の心をつかむことができる業者を探さなければなりません。大手メーカーでは、大きなロットを扱うことによって利益を確保します。小ロットの生産でも引き受けてくれる業者を探す必要があります。

本物のグレードの高い商品を作るためには

オリジナル商品を依頼すると大手メーカーでは、約1000本からの製造、制作を求められます。これでは、売れなかった場合大量の在庫を抱えることになりますので、資金回収に時間がかかり経営を圧迫することになります。1ロット100本単位で引き受けてくれる業者を探すべきです。しかも、依頼内容に答えて考えていた通りの製品を一貫した工程で完成させてくれる業者を探す必要があります。美容業界に詳しくないと、相手の業者に価格などの主導権を奪われ、本当にいい製品を作ることができなくなります。原料や製品知識を少なくても理解していることが必要になります。中身ひとつひとつにこだわって、お客様に自信をもって自社製品をおすすめできる商品が作れれば業者との信頼関係も生まれ、店での販売実績は上がるはずです。商品の品質にこだわるからです。

オリジナル商品は打ち合わせから始まる

めざしているシャンプーのコンセプトを理解してくれる業者が見つかったら、どのような店販売商品にしていきたいのかをお互いに確認して、打ち合わせを徹底します。ここで大切なのは、いい商品を作ろうという協調関係を築くことです。ある程度の試作品が出来上がると何度もサンプルを作り直します。正式な中身成分が決まりますと、容器の手配やボトルのデザインを決めます。役所への届出も済ませます。ここで臨んでいたこだわりの製品ができあがります。すべての準備が整い発注、制作の開始です。製品が納品され業者は、販売商品のサポートまで関与します。お互いの素晴らしい商品を作るという熱意が、お客様にわかっていただけるような高いグレードの独自製品を作ることが目的です。既存の製品に必要なマージンを高級な成分を使うことで売れる商品にします。